FC2ブログ
Kiss 2 You
東方神起 2U/スキカップルの小説ブログです。 妄想と捏造で出来ています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
雪流し 6

夕飯時、僕は腹に石でも抱えたような気持ちで母にそれとなくあの病院のことを聞いてみた。

「母さん・・・あの、保育園の角を曲がった先に、病院があるだろう、古い、小児科の、」
「小児科・・・?鄭医院のこと?」
「うん・・・」
「懐かしいわね」
「・・・?何が、」
「何がって・・・あなた小児科は彼処に通ってたじゃない」
「ふん・・・そうだったんだ」
「覚えてないの?まあでもあなたは丈夫だったから、ほとんど通わずに済んだものね」

子供のころの病気の記憶なんてほとんどないから、あの医院がかかりつけだったことなんて初めて知った。じゃあ、僕はあの医院に入ったことがあるんだな・・・あの、いつも薄暗い待合いの、玄関扉の向こうに。何となくそのまま子供時代の感傷にひたりそうになって、慌てて彼女のことを思い出す。

「あの、何かさ、彼処の子さ、僕より一つ上みたいなんだけどさ、学校とか行ってないのかなって思って・・・」
「さあ・・・あまり詳しいことは知らないけど、確か体が弱いからってことだったんじゃないかしら・・・」
「僕、ちょっと偶々彼女に会ってさ・・・」
「・・・彼女?鄭医院には跡取りは男の子一人よ」
「え・・・?」

ずっと女の子だと思いこんでいた僕は、あまりに意外で、真偽を確かめてみたいと思ったけれど、あれ以来彼女・・・いや、彼・・・には会えない日々が続いた。生垣の隙間から病院の庭を何度覗き込んでも、あの薄水色の韓服を着たユチョンの姿を見ることはできなかった。


(つづく)


本文、ちょっと短いので韓服ユチョンさんの特集を~♪

にこにこくるくるつるつるふわふわですね♡(表現力)

160320_yc3.jpg
ユノユノは何回もこんな目で睨まれてそうだ・・・んで何回睨まれてもまた同じようなことやっちゃうんだ・・・

160320_yc4.jpg
ヒロミキちゃんきゃっきゃしてます。誰を見てるんでしょうかね~てかあの人しかいないですよね~(実際はどうだったかな~動画もう1回見たいな~また探してみよっと)

160320_yc5.jpg
ユチョンさんにべたべたしてるじぇひょんに気づくちゃーたん
(ΦωΦ)もうじぇじゅ子こわーい!

160320_yc6.jpg
( ´・J・`)ちゃみ子も!ちゃみ子もこわーい!
(何だよコレ)(特にオチもなく)

次回はゆち目線です~☆

関連記事
スポンサーサイト


[2016/03/20 23:57] | 雪流し | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<雪流し 7 | ホーム | 雪流し 5>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/21 22:45] | # [ 編集 ]
ヒ**さん☆

あ、そういやあんまり「好きな相手が同性?どうしよう?」みたいな葛藤考えてませんでした、何のひっかかりもなく話進みます汗
うちの話はみんなそんなんですね、自分があんまり深く悩まないタイプなもんで|・ω・)ノ

ね~ナチュラルJKヒロミキちゃんと比べてチャのあれなこと。SMもよくホミンでやろうと思ったな笑…まあ手駒がそれしかないから仕方ないんだけど。

うちは上の子が私と同じで甘えベタなんで、そっちを甘やかしてやらないとダメなんですけど、ついつい下を構ってしまいます(⊃ω⊂=)やっぱり男の子は女の子と違っておバカで無邪気で可愛いんで…うちの母が兄ばかり構う人だったんで、そうはなりたくないなあと思ってるのに、コントロールするのはなかなか難しいです。
[2016/03/22 01:14] URL | yuri #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://2ukiss.blog.fc2.com/tb.php/203-366d5a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Profile

ユチョペン・ユノペン☆ 5人の東方神起が好きですが、誰のアンチでもありません。

yuri

Author:yuri
ツイアカ☆→
@yurimicky6002

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。