FC2ブログ
Kiss 2 You
東方神起 2U/スキカップルの小説ブログです。 妄想と捏造で出来ています。
雪流し 5


そうして何度か接するうちに、僕は不図、彼女がかなりの近眼であることに気づいた。医者の家なら眼鏡くらい作ってやればいいものを、屹度昔気質の家で女の子に眼鏡をかけさせる習慣もないのだろうと勝手に想像を巡らした。・・・まあ、そのおかげで、事あるごとに彼女が不用意なくらい身を寄せてくるのが、厭なわけじゃないけれど。
そう思うのは不誠実だろうかと、思い直す間もなく医院の前に差し掛かり、それきり面倒なことを考えるのはやめて僕は今日も雪で耳を冷やす。耳の冷たさに吃驚して、ぱちぱちと上下する彼女の黒く長い睫毛を早く見たい・・・


医院の薄暗い玄関の前を横切るときにかすかによぎる罪悪感を押し殺して、狭い前庭を通ると、薄水色の韓服を着たユチョンの背中が見える。此方を振り向いたときに、必ず笑ってくれる彼女にはいつも救われるような気持ちになる。もうこの年代になると、学校の同級生たちは皆こんなに単純に会えて嬉しいと表現する習慣なんてやめてしまい、目くばせや微妙な言葉の言い回しで互いに真意を推測し合うばかりで、そういうコミュニケーションが苦手な僕にとって内面と表情が直結しているような彼女の素直さは一層貴重に思われた。

日陰にまだ解けずに僅かに残っていた霜柱を、ざくざくと踏みしめると、それだけで彼女はすぐにはっと顔をあげ、「チャンミナ、」と走り寄る。そうやって名前を呼ばれるだけで、僕の胸の内には今まで感じたことがないような甘い疼痛がじりじりと広がっていく。

「あ・・・」
「・・・何?」

彼女が急にしょんぼりした顔をしてみせたので、どうしたんだろうと訝しみながらも、そんな表情でさえも可愛いなと思うほど、僕はすっかりのぼせてしまっているみたいだった。

「今日は、懐炉ないの・・・お父さんが、薬缶を病室に持ってっちゃって・・・」
「・・・そう、」

僕は内心やや落胆したけれど、それを彼女に気取られないようになるべく明るく笑ってみせた。でも、あんなに耳を冷やすんじゃなかったな・・・霜焼けになりそうだ。

そうすると彼女は僕の肩に手を掛け、少し背伸びをして僕に凭れかかるようにした。立眩みだろうかと心配していると、冷え切っていた耳に徐々に感覚が戻り、それが彼女の口の中にあるせいだと気づくと、僕は全身が溶けてしまいそうになった。
彼女の舌が耳朶を這い、吐息が鼓膜を震わせるのを感じ、昂ぶりそうになる気持ちを僕は暫く目を閉じて抑え込み、再びそろそろと目を開くと、目線の先に人影があることに気がついた。
驚いて咄嗟に息を吸い込み、喉がひゅうっと音を立てる・・・息継ぎの合間に、僕の視線を追って後ろを振り向いた彼女は、何となく全身をこわばらせたように思えた。

「・・・誰だい?」
「あ・・・おともだち・・・」

消え入りそうな声で彼女がそう答えるより早く、彼は彼女の頬を強く打ち、彼女の躰は雪の中に倒れこんだ。

「迷惑をかけたね」

あまりのことに足が竦み、どうすることもできないまま、引き摺られるようにして医院の中へ消えていく彼女の後ろ姿をただ立ちつくして見送ることしかできなかった。


(つづく)


ふう・・・ユノがゆちに暴力振るうなんて、天地がひっくり返ってもありえないですけどね汗
それにしても寒い中ユチョ子ちゃんずっとお外にいて大丈夫なのかしら、ユノパパも診察終わってるなら暖かいお部屋の中にいれてユチョ子ちゃんと遊んであげて。

関連記事
スポンサーサイト


[2016/03/19 03:25] | 雪流し | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<雪流し 6 | ホーム | 雪流し 4>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/19 16:17] | # [ 編集 ]

ヒ**さん☆

そうなんす、ありえないんす…でも何か書いちゃった←
私も、そんなひどいこと、許せない…でも何かちょっと萌えるかも♡とか思いながら書いてます笑
嫉妬?躾?虐待?ユノの内面は推測するのが難しいです。…ので書いてる本人も推測せずに書いてます。この先何があっても「フィクションだから」でお願いしますね!(ひどすぎる)

一昨日園の前通ったら卒園式やってました~相変わらず先生たちが挨拶してくれても露骨に顔をそむける極度の人見知りのチビ…一応「幼稚園楽しいよ~」って声掛けはしてるんですけど、「お母さんがいないとムリ!」の一点張りです(´×ω×`)まあでもそれも可愛くて甘やかしたくなってしまうんですけどね~汗
[2016/03/19 18:16] URL | yuri #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://2ukiss.blog.fc2.com/tb.php/202-f13e91a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Profile

ユチョペン・ユノペン☆ 5人の東方神起が好きですが、誰のアンチでもありません。

yuri

Author:yuri
ツイアカ☆→
@yurimicky6002

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR