FC2ブログ
Kiss 2 You
東方神起 2U/スキカップルの小説ブログです。 妄想と捏造で出来ています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ソルスタディ 34



冬休み。いつもは待ち遠しいのに今年は少し憂鬱だ・・・それでも朝ゆっくり寝ていられるのはやはりありがたい、今日も昼過ぎに起きだして、ユノが帰ってくるまでにさっさと引越しの荷物をまとめてしまおうと思っていたけれど、CDを整理しているとつい聴き入ってしまって、いつの間にか薄暗くなってしまった室内で、散らかった荷物の隙間に座り込んでジャケットを眺めながら昔コピーした曲を懐かしく口ずさむ。
アメリカでこの明るい曲が流行っていたころ、僕の両親は離婚した。だから、明るいはずの曲なのに、聴くと僕の心は陰鬱に沈み込む。

帰宅したユノは、散らかり放題の部屋を見て、こんな時でも片づけには一切ノータッチというルールを破る気はないらしく、「大変そうだな」と他人事のように小さく呟くと、さっさと台所に退散してラーメンを作り始めた。
起きるのが遅かったせいもあり、間に合わせ程度にしか食べていなかったので、ラーメンの匂いがすると僕は片づけをあっさり放棄して台所に向かった。

シンクや床にまで飛び散っている乾麺の欠片と、水浸しのコンロは相変わらずだけど、スープが半分以上残っている日はかなり手際がいいほうだ。

「おいしそうだね」
「うん」
「さすがインスタントだね」
「何だよ、卵は俺が作ったんだ」
「産んだのは鶏だよ」
「今日は形が潰れてない」
「だから丸く産んだ鶏のお蔭だって」
「じゃあいつも潰れるのも鶏のせいだな」
「はは、それはユノのせいだ」
「・・・何で?」

ユノはいつもどこまで本気で聞いているのか、「冗談だよ」って言ったら「こっちも冗談だ」なんて言って僕たちは最後までいつもと変わらず歪な鏡のようにしていて、それはまるで毛布にくるまれているように心地よかった。

ラーメン鉢を取ろうとして食器棚の扉を開け、少しがらんとしたのを訝るようにユノは手を止めた。

「あれ?いつものトラップがない・・・」
「トラップって何だよ・・・取りやすくなっただろう?」
「うん・・・」

隙間が増えた分いつもよりスムーズに鉢を取り出せるようになって、今まで2回に1回は食器をどこかにぶつけていたのも、5回に1回くらいに減るんじゃないかと思う。

「・・・抜け殻になりそうだな」
「そうでもないよ、当面必要なものは残していくし、・・・」

不意に、抜け殻になるのは部屋のことじゃないような気がして、ユノの顔を注視してみたけれど、相変わらず何の感情も読み取れない。だから僕もそれに気付かなかったふりをして、箸とビールを用意した。


夕食後、僕はまたCDの整理に取り掛かった。相変わらずユノは見ているだけで何もしないものの、一人でいるより感傷的にならずに済んで、かなり作業が捗った。昼間何時間もかけていたのが嘘のように半時間もしないうちにすべてしまい終え、積みあがった段ボールを見上げて僕はすっきりとした気持ちになった。

「これ、こないだの写真?」
「え・・・?ああ、うん・・・」

何処にしまおうか、持て余してサイドテーブルに置きっぱなしにしていた見合い写真を見てユノは目を細め、「ユチョンに、合いそうだ」と口元に笑みを浮かべた。


翌朝、またユノは普段通りに出勤した。これで離れるっていうのに、僕は寒さと眠気に勝てず布団の中から「行ってらっしゃい」と声をかけたきり、引っ越し業者の来る昼過ぎまでもう一寝入りとばかりに目を閉じた。

そう多くない段ボールは手際のいい引越し業者のトラックにひとつ残らず積みこまれ、僕は僅かな手荷物だけを詰めこんだボストンバッグを持ってアパートの階段をゆっくりと下りた。駐輪場には寒さのせいか丸々とした姿で例の猫が蹲って寝ていた。何となく、あの憎たらしい猫が、僕の代わりにユノに可愛がってもらえればいいのに、という気になった。
僕は、あんなに憎たらしくないけどね・・・・・・・・・そもそも、何で彼はあんな憎たらしいんだ?無遠慮で、図々しくて、身勝手で・・・


(つづく)


ユチョペンミ行ってきましたよー♡
座りっぱで良かったーーーーー!!!!!!(ダメな感想の例)
チケットを譲ってくださった方(2Uペン様♡)にも直接会ってお礼が言えて良かったです♪

さてさて最近靴とか帽子とかちょこちょこ細かくおソロってた2U・・・このさり気なさがまさにガチ・・・あんな一目でわかるトレーナーのおソロとかちゃうねん・・・


からの~!あからさまな2Uおソロ!!
何なのこのチャ氏への当てつけ的なタイミング・・・QRコードみたいな柄だし・・・何か微妙に柄の出方が違う感じがしますが、バーコードリーダーかざしたら互いへの愛のメッセージ書かれてるんじゃないでしょうね・・・
今回本文がこんななので、これくらい露骨なおソロっぷりが中和剤となってよろしいかと。


関連記事
スポンサーサイト


[2015/07/09 14:22] | ソルスタディ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ソルスタディ 35 | ホーム | ソルスタディ 33>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/07/10 00:37] | # [ 編集 ]
ヒ**さん☆

あ、やっぱそうですよね笑
いや~~~何ていうか~~~夢見心地すぎて~~~ちゃんと覚えてないって言うか←
いえいえいえおでこ半開でステキだったんですけどね・・・!

何と言うか、私アイドルのファン向いてないなあみたいな、生で見ちゃうとDVDで見るより手の届かない感が強くてちょっと虚しくなってしまったというか、ユチョンさんみたいなスーパーアイドルじゃなく、もっと自分に相応の人でいいから直接目を見て話したり触ったりできる人がいいなあって・・・・・・・・・あれ?欲求不満になって帰ってきたってこと?汗
夢は小さく目標は低くがモットーでございます・・・

何かパラレルでのユノの扱いがいろいろとあれですよね・・・何でこんなの書いてるんだか(。>ㅅ<。)
[2015/07/10 10:28] URL | yuri #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/07/10 14:25] | # [ 編集 ]
ふ**さん☆

よ、よかった、ペアルック載せといて・・・汗

もう自分で書いといて後悔の嵐です、うまく収束させるのがこんなに難しいとは(*>_<*)
あらすじ考えてる段階では全然つらくないんですけど、こうやって書いてみるとユノ可哀そうだ~3人がいなくなって、チャミもいなくなった宿舎で、寂しがってるユノとか想像しちゃいました涙涙

次は~チャミユチョのエチシーン~♡(ユノほんとにゴメン・・・)
[2015/07/10 20:00] URL | yuri #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://2ukiss.blog.fc2.com/tb.php/165-22b99284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Profile

ユチョペン・ユノペン☆ 5人の東方神起が好きですが、誰のアンチでもありません。

yuri

Author:yuri
ツイアカ☆→
@yurimicky6002

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。