FC2ブログ
Kiss 2 You
東方神起 2U/スキカップルの小説ブログです。 妄想と捏造で出来ています。
ソルスタディ 28

彼が帰った後、もそもそと身繕いをしようとしたら彼が中に出したものが溢れそうになって、慌てて手で受け止めた。それでも僅かな指の隙間から零れて腿を伝うのを見ると、何故か彼にいっぱい愛されている気がして嬉しかった。こんなものにすがるなんて、どうかしてるけれど。


家に帰るとユノは真っ黒に焦げてしまった魚をどうすべきかあれこれ考えているところだった。

「あ、ユチョン!」
「・・・何してんの?」
「ん・・・魚を・・・」
「あ~あ、お前酷い目にあったな~・・・カワイソウにな」
「・・・」
「海で泳いでた頃は幸せだったのにな~・・・」
「・・・」
「まさかこんなふうに焼かれるなんて思ってもみなかっただろうな~・・・」
「・・・」
「・・・で、誰が食べる?」
「・・・俺・・・」
「はは、外行こっか、それ持って来いよ」
「これ?何で?」
「あの野良なら何でも食べるだろ」

ユノが焦げた魚を袋にいれる間に僕はネクタイだけ外し、首元を緩めた。少し汗臭いかなあと思ったけど、着替えるのも面倒だ。そのまま僕たちは部屋を出てアパートの階段を下り、駐輪場にいつもの姿勢で蹲っている猫を見つけると、これ見よがしに魚を見せた。

「おい、ノラ、エサだよ」
「・・・」
「ほら、君の大好物の魚だ」
「・・・」
「相変わらず可愛げがないね・・・此処に置いておくからね、さっさと食べないとカラスに横取りされるよ」
「・・・」

人の話を聞いているのかいないのか、猫は魚には一瞥もくれず、さも疎ましげに僕を睨みつづけた。

「ユチョン、行くよ・・・ユチョンが見てたらいつまでも食べない」
「うん、そうだけどさあ・・・」

ユノに促されて僕は渋々立ち上がって猫に背を向ける。
角を曲がるとき、念のため振り返ってみると、やっぱりまだ猫は僕を睨みつづけていた。

「何食べる?」
「ん~いつもの居酒屋でいいんじゃない?いい焼き加減のホッケと~いい焼き加減の鮭と~いい焼き加減の鰆と~・・・」
「鰆はないよ」
「いい焼き加減の枝豆と~」
「枝豆は焼くんじゃなくて茹でるんだ」
「いい焼き加減のビールと~」
「ビールは・・・」
「・・・何もうまいこと思いつかないのかい?」
「うまいとかそーゆう問題じゃないんだ」

相変わらず真顔でとぼけた返答をするユノに噴き出すと、ユノも楽しそうに微笑んだ。


近所の居酒屋はいつも混みすぎず空きすぎずで、ダラダラ飲み食いするのに丁度良かった。
ビールを2杯飲みきったころにはじゅうぶん満腹になり、煙草を吸ったらもう帰ろうと灰皿を手に取った。

「最近、帰り遅いな」
「・・・うん、ちょっと、準備とか」
「忙しい?」
「いや・・・そうでも」

ユノは多分何の気なしに話しているんだろうけど、僕は少し決まりが悪くなり、壁にもたれて少し目を閉じた。

「ならいいけど」

ユノは案の定大して気にも留めず、僕が咥えていた煙草を抜き取って自分で吸い始めた。

「取るなよ・・・」
「寝てたじゃないか」
「寝てないよ」
「寝ようとしてた」
「してない」


今なら、まだ間に合うかもしれない、かけ違ったシャツの釦を元に戻すだけで済むかもしれないのに、何故か一向に心が向かない。また一から自分の体に合うシャツを選ぶほうが余程手間だというのに、もう僕は、新しいシャツの色や、素材や、襟の形に思いを巡らしていた。


「ユノ、俺、来週見合する。いい人がいたら結婚する。ユノと同じようにするよ」
「うん」
「これで互いに・・・毎日まともな食事にありつける」
「うん・・・その分あの猫が割を食うな」
「はははっ、何だよ、猫の心配!?」
「いやそーゆうわけじゃ・・・」
「案外あの猫が一番強かかもしれないぜ、俺たちより」
「ノラだからな」
「メスだからだよ」
「猫だからだ」
「何だっていいさ」

居酒屋を出てアパートにつくと、僕は駐輪場に立ち寄って猫を探したけれど、猫はおろか魚の骨すら見つからなかった。


(つづく)


上の子の小学校に続いてようやく下の子の親子幼稚園も始まりました☆(というか人見知り過ぎて年少組に入れるのを諦めたんですけどね)これを機に繁忙期にちょこちょこ会社にヘルプに行ったり自宅で校正やらしてたのもやめることにしたんですが、何だかぷっつり糸が切れてしまったような。何のために毎日過ごしてるんだろう・・・なんてボンヤリ思ったり。子供のためってほど子育てもしてないし(しなさい)
まあ下の子が手のかかる子なんでのんびりつきあってあげればいいのかな~親子幼稚園で他の子はみんなちゃんと一人で椅子に座れるのにうちだけ私の膝の上に座っておっぱい揉んでたし。名前呼ばれて普通は「はーい」って返事するのに(これはできない子もいたけど)うちだけ犬みたいに低く「うー」って唸ってたし。限りなく不安。

最近エチがない回だと途端に更新が止まってしまいます・・・ダメですね。居酒屋でこんな顔して寝ちゃうユチョンさんを見て何とか頑張りました。

関連記事
スポンサーサイト


[2015/04/22 02:00] | ソルスタディ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ソルスタディ 29 | ホーム | ポドナム神起>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/04/23 00:06] | # [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/04/23 07:26] | # [ 編集 ]
ヒ**さん☆

正式名称は何でしょう、年少組みたいに毎日じゃなく、親子で週に1回だけ幼稚園に登園してます。ずっと「おうち帰りたい~」と言っていましたが昨日やっと工作でニコニコ笑顔が見れました♡

登園拒否~何てハードな(>Å<;)私だったら幼稚園辞めさせちゃうかも・・・今回年少に入れなかったのもダンナから甘やかし過ぎだ~!って言われましたけど汗
だってかわいそうなんだもん~(。>ㅅ<。)←これも甘やかして育てる方がかわいそう!って言われたけど、無視・・・!
子育ては正解がないので難しいですね・・・

お話の続きは~えーっと~・・・汗汗
大して動きもなくダラダラと終わりそうな・・・(=゚ω゚=)
[2015/04/23 15:17] URL | yuri #- [ 編集 ]
yu**さん☆

今が一番可愛い時ってのはそうかもですね♡毎日キュンキュンしてます、勢い余ってパクちゃんと呼んでます←
萌えがMAXになるとぱっきゅぅぅぅんに変化←←
(でもチビの評価がおっぱい>>>お父さん>お母さんな件)

今回のお話はやはりキスメインなので~・・・ですが、2Uのほうが相性いい感じで書きたいなあと思ってます♪
キスはエチがないと関係が続かなさそうなイメージ・・・でもその方が何故か書きやすいという。東方家一のふしだらカップルですな。yu**さんもスキペンになってください♡

ユチョンさんのこの寝顔はもう確信犯だろ的な・・・ユノさん以外に見せていいんですか的な・・・でも次あたりチューシーンがあるとか(((;>Å<)))ヒイイ
[2015/04/23 15:17] URL | yuri #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://2ukiss.blog.fc2.com/tb.php/157-ba18432c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Profile

ユチョペン・ユノペン☆ 5人の東方神起が好きですが、誰のアンチでもありません。

yuri

Author:yuri
ツイアカ☆→
@yurimicky6002

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR